梅雨対策!雨の日に便利な工事用ヘルメット関連アイテム3選

気象庁によると、関東地方の例年の梅雨入りは6月上旬。梅雨明けは7月中~下旬とのこと。

季節の変わり目のこの時期、雨天でも作業を進めなければならないこともありますよね?

 

そこで今回は、雨天や梅雨時期にあると便利な工事用ヘルメット関連アイテムをご紹介します。

 

 

その1.工事用ヘルメット対応大きなフードのカッパ

ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 雨天対策
開口部が広いと、息苦しさを感じにくい
ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 雨天対策
透明部分が大きいと、高い視認性を確保可能
ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 雨天対策
ビニール部が少し突き出ていると、雨よけにも十分

 

大きいフードが特長の「工事用ヘルメット対応カッパ」。

普通のカッパよりも頭部が大きく作られているので、工事用ヘルメットの上に被せて雨除けすることができます。

中でも、フードのツバ部分に透明ビニールを採用しているものは高い視認性を保てるので、安全性・作業効率的にもおすすめです。

事前に準備しておけば、急な雨天でも素早く対応できます。

 

なお、カッパ使用後にそのまま放っておくと傷みやすいので、以下の3つを心掛けると長持ちしますよ♪

・汚れを落とし、濡れを乾かす

・通気の良い場所で陰干しする

・防水スプレーを噴き付ける

 

 

 

その2.濡れても乾きやすいビニールアゴひも

ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 アゴひも
布製アゴひもをビニール製に付け替え可能
ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 アゴひも
雨や汗で濡れてもひと拭きするだけ

 

アゴひもの濡れが気になる方には、ビニール製のアゴひもがおすすめです。

ビニール製なので、雨に濡れてもタオルでサッと拭くだけですぐ乾きます。

布製アゴひものように汗が染み込むこともないので、気になるニオイも洗って拭くだけでOK!

 →「ビニールアゴひも」はこちらをクリック

 

 

その3.ムレ対策のインナーキャップ

ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 汗取り ヘッドバンド ヘルメットインナーパット
トーヨーセフティーの「消臭ヘッドバンド」
ヘルメット 作業用 安全 工事用 保護帽 汗取り ヘッドバンド ヘルメットインナーパット
メッシュ製インナーキャップは各メーカーから発売中

 

雨が工事用ヘルメットの中に入ったわけではないのに、頭がじっとりと濡れている時ってありますよね。

実は工事用ヘルメット内部の高い湿度のせいで、びっしょりと多量の汗をかいているんです。

そんな時は、薄手ヘアバンドやメッシュ製インナーキャップはいかがでしょうか。

被っていれば、工事用ヘルメット内の汗取りやニオイ付着防止にもなります。

洗濯可能なので清潔に保つことができますし、抗菌防臭加工であれば、更にニオイの発生が抑えられますよ♪

→ 工事用ヘルメットご注文の際にお声掛け下さいませ。

 

 

今回は、雨の日にあると便利な工事用ヘルメット関連アイテムをご紹介しました。

天候に悩まされる梅雨時期ですが、少しでも快適に作業ができるよう皆様のご一助になれましたら幸いです。

 

 

■前回の記事もご参考下さいませ。

 

 


弊社では、【熱中症対策 遮熱ヘルメット・作業用・工事用・現場用・高所用・建築用・建設用・安全ヘルメット(保護帽)】に関する名入れ加工各種を承っております。

工事現場の作業用ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都(足立区・北区・葛飾区・台東区・23区内外)埼玉県(草加市・川口市・八潮市など)千葉県(松戸市・市川市など)はもちろん日本全国へ発送!

東京都足立区から工事現場作業用ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナーヘルメット 名入れ 加工 工事 作業 保護帽 印刷 プリント ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー