失敗しない安全ヘルメットの選び方 ~帽体素材編~

安全ヘルメットはどれも同じ材質でできていると思っていませんか?

見た目には同じに見えても、材料によって特性はだいぶ変わってきます。

今回はヘルメットの材質とその性質について深掘り致します!

 

 

ABS樹脂製安全ヘルメット

低コストで加工もしやすいオールラウンダーの超優等生!

 特 長 :耐電圧性能には優れますが、高熱環境下での使用には不向き。
交換の目安:使用期間3年以内

安全ヘルメットの中で一番多く扱われている材質が、この「ABS樹脂」です。

加工しやすく生産コストも抑えられるのが、多く使用される理由だとか。

ただ残念なことに、高熱や溶剤薬品には強くありません。

直射日光(紫外線)を長時間浴び続けたり、シンナーやアルコールで汚れを拭くと劣化が進むそうですよ。

頭を守る大切な安全ヘルメット、大切に扱いましょう♪

 

PC樹脂製安全ヘルメット

耐候性に優れ、自然環境に強く屋外作業に最適化!

 特 長 :耐候性はABSより優れていますが、溶剤、薬品などには不向き。
交換の目安:使用期間3年以内

高い透明性・耐衝撃性・耐熱性が特長の「PC樹脂」。

特に耐衝撃性は、ABS樹脂のなんと5倍と言われています。

太陽光・風雨・温度変化などの自然環境に強く、変形・変色・劣化などの変質を起こしにくいとも。

総合的に『耐候性』に優れているので、屋外の作業にも最適化されています。

ABSに比べると少々お高くなるのがたまにキズですが、それに見合うコストパフォーマンスが望めますよ♪

「PC樹脂」は、身近な家電製品、安全ゴーグルから軍事目的まで幅広く活用されている素材。

安全ヘルメットでは、本体の材質だけでなく透明ひさしやシールド面にもよく使われています。

 

 

PE樹脂製安全ヘルメット

耐溶剤薬品性に優れたポリエチレン樹脂!

 特 長 :有機溶剤系の薬品を使用する環境には最適。
交換の目安:使用期間3年以内

耐電性、耐薬品性、耐油性、耐寒性は高いものの、残念ながら熱には弱いんです。

火や火花を扱うような作業現場にはお気を付け下さいね。

接着性が低いので、印刷や塗装には注意した方がいいみたいですよ。

 

 

FRP樹脂製安全ヘルメット

耐熱性・耐候性・耐溶剤薬品性の特化ならFRP!

 特 長 :耐候性、耐熱性は優れるが電気用としては使用できない。
交換の目安:使用期間5年以内

ポリエステル樹脂をガラス繊維で強化したもの。

軽くて高い強度が特長で、耐熱性、耐候性、耐溶剤薬品性いずれも優れています。

耐電性はありませんので、電気工事には使用しないで下さいね。

「FRP(繊維強化プラスチック)」は、浴槽から航空機、船舶にも使用される素材だそうですよ。

 

 

以上、「ABS樹脂」「PC樹脂」「PE樹脂」「FRP樹脂」4種類の安全ヘルメットの材質をご紹介してみました。

形状やお値段だけでなく、材質のアプローチからも自分の作業内容に適合した安全ヘルメットを選んでみて下さいね!

 


弊社では、【ABS樹脂製、PC樹脂製の安全ヘルメット・作業用ヘルメット・保護帽に関する問い合わせ、

名入れ加工各種(マーク・社名・緑十字・個人名・血液型など)を承っております。

安全ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都は足立区から安全ヘルメットの情報を随時発信!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナー名入れ ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー