性能低下を防ぐ! 工事用ヘルメットの取り扱い方 ~たった4つの注意点~

仕事中や休憩中、行き帰りでついついやってしまいがちな工事用ヘルメットの間違った取り扱い。

今回は、工事用ヘルメットの取り扱いで注意するべき点をまとめてみました。

たったの4つの約束事で、性能低下を防ぐことができます。

 

工事用ヘルメットに腰を掛けないで下さい

工事用ヘルメットを置いて腰を掛けることはダメです!

工事用ヘルメット自体が変形しますし、内装や衝撃吸収ライナー、帽体そのものを傷つける行為になります。

特に工事用ヘルメットのヘッドバンドは、フィット感を追求するため柔らかめの素材を使っています。

座った際に捻じれを起こして、ヘッドバンドが裂けてしまうこともあるそうですよ。

 

 

工事用ヘルメットは投げないで下さい

工事用ヘルメットを投げてしまこともあるかもしれません。

投げた衝撃で工事用ヘルメット自体を傷つけて性能が低下させる恐れがあります。

 

 

工事用ヘルメットの中に物を入れて運ばないで下さい

一時的にせよ工事用ヘルメットの中に工具などを入れるのも好ましくありません。

工事用ヘルメットの内装や衝撃吸収ライナーを傷めてしまいます。

 

 

工事用ヘルメットは高熱に強くありません

50℃以上の高温になる場所は、工事用ヘルメットに良くありません。

夏は、直射日光が当たる場所には置かないで下さい。

冬は、暖房器具のすぐ近くでの工事用ヘルメット放置はNGです。

 

 

夏は工事用ヘルメットを自動車内に放置しないで下さい

特に気をつけたいのは、夏場の自動車内放置。

車内温度もかなりの高温ですが、エアコン作動時でも直射日光の当たるダッシュボードは非常に熱くなっています。

工事用ヘルメットの保管には十分気をつけましょう。

8月下旬 晴れ 外気温35℃の場合
■対策なし車の場合   :車内最高温度52~57℃ ダッシュボード最高温度74~79℃
■サンシェード装着の場合:車内最高温度50℃   ダッシュボード最高温度52℃
■窓開け(3cm)の場合  :車内最高温度45℃   ダッシュボード最高温度75℃
■エアコン作動時の場合  :車内最高温度27℃   ダッシュボード最高温度61℃

 

 

工事用ヘルメットは硬いので雑に扱いがちですが、長持ちさせるためには大切に扱いたいところ。

工事用ヘルメットの性能低下を防ぐためにも、適正な扱いを心掛けましょう!

 

 

■工事用ヘルメットの交換の目安・耐用年数についてはこちらの記事をどうぞ

 


弊社では、【作業用・工事用・現場用・高所用・建築用・建設用・安全ヘルメット(保護帽)】に関する名入れ加工各種を承っております。

工事現場の作業用ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都(足立区・北区・葛飾区・台東区・23区内外)埼玉県(草加市・川口市・八潮市など)千葉県(松戸市・市川市など)はもちろん日本全国へ発送!

東京都足立区から工事現場作業用ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナーヘルメット 名入れ 加工 工事 作業 保護帽 印刷 プリント ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー