失敗しない工事用ヘルメットの選び方 ~透明ひさし・バイザーの色と特長~

今やスタンダードとなった、視野角が広い透明ひさしの工事用ヘルメット。

その透明ひさしの色にもいくつか種類があります。

見た目のまま好みで色を選ぶのも良いですが、今回はそれぞれの色と特長について調べてみました!

※工事用ヘルメットメーカーによっては「クリアバイザー」とも呼んでいます。

 

 

日中の屋外作業ならグレーバイザー

グレーバイザーもしくはグレースモークバイザーはメーカーでも多く生産され、透明ひさしの定番です。

日差しを遮る効果がとても高く、特に日中の屋外作業にオススメ。

一律に光をカットするので色調の変化が少なく、自然な視界を保てます。

 

 

曇りの日にも対応できるブラウンバイザー

自然な視界で眩しさを抑えます。

ブラウンバイザーは、青色系の光をカットしコントラストを高めるため、視界が鮮明になる効果があります。

眩しさを低減させつつコントラストが高いので、曇りの日にも対応できます。

 

 

裸眼と同じ視界のクリアバイザー

無色透明のクリアバイザー。

光をカットさせる効果はありませんが、見た目そのままの自然な視界を確保できます。

見た目のままの視野を必要とする場合、屋内作業にもオススメ。

 

 

屋外作業ならブルーバイザー

ブルーバイザーは黄色やオレンジの光に強く、晴天や昼間の強い日差しや夜間のライトの眩しさを抑える効果があります。

眩しさを感じる屋外作業にどうぞ。

見た目も明るく爽やかなので、色付きバイザーの中でもオススメできます。

 

 

自然な見え方ができるグリーンバイザー

グリーンバイザーは、青や赤系の光を遮断してコントラストを適度に下げます。

目が疲れにくく眩しさを抑え、カラーバイザーの中では一番自然な見え方ができるようです。

 

 

屋内作業にはイエロー/オレンジバイザー

イエローバイザーはコントラストを高める効果があるため、視界がくっきりと明るく見えます。

日差しを遮る効果はあまり期待できませんので、

曇りの日や雨の日、夕暮れや薄暗い場所、屋内作業に向いています。

オレンジバイザーも同様に、コントラストが高く、視界は明るく鮮明。

イエローよりも色が濃いので日中の眩しさ低減を期待できます。

 

安全ヘルメット 作業用ヘルメット 保護帽 透明ひさし クリアバイザー アンソニーくん

 

 

透明ひさし工事用ヘルメットの視野についてはこちらから確認できます。

 

 

透明ひさし(クリアバイザー)工事用ヘルメットはこちら

安全ヘルメット 作業用ヘルメット 保護帽 透明ひさし クリアバイザー クリアバイザー 透明ひさし カテゴリー

 

■バイザーは全3色「グレースモーク」「クリア」「ブルー」

住ベテクノプラスチック SAX2シリーズの透明ひさし工事用ヘルメットはこちら安全ヘルメット 作業用ヘルメット 透明ひさし クリアバイザー 住ベテクノプラスチック SAX2シリーズ バナー

 

■バイザーは全5色「クリア」「スモーク」「ブルー」「蛍光オレンジ」「グリーン」

DIC AA11/AP11の透明ひさし工事用ヘルメットはこちら

透明ひさし クリアバイザー 安全ヘルメット 作業用ヘルメット 保護帽 DIC AA11 AP11

 


弊社では、【作業用・工事用・現場用・高所用・建築用・建設用・安全ヘルメット(保護帽)】に関する名入れ加工各種を承っております。

工事現場の作業用ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都(足立区・北区・葛飾区・台東区・23区内外)埼玉県(草加市・川口市・八潮市など)千葉県(松戸市・市川市など)はもちろん日本全国へ発送!

東京都足立区から工事現場作業用ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナーヘルメット 名入れ 加工 工事 作業 保護帽 印刷 プリント ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー