どれが一番ズレに強い工事用ヘルメットか試してみる(その3)

こんにちは、浜田弟です。

さて、今回からいよいよシールド面付き工事用ヘルメットの実験に入ります。

シールド面付き工事用ヘルメットはシールドがある分、前方に重みがある上に風も吹き込みやすいですから、前回テストした軽神ヘルメットに比べると不利でしょう。

そうなると、「15cm10往復を10秒間で」も厳しいでしょうか?

 

※前回の記事にご興味のある方は、以下のリンクをクリックして下さいね。

 

 

さあ、それでは実験スタートです!

 

~ 実験方法 ~

  • 工事用ヘルメットを被るのはマネキンヘッド
  • 揺らす速さを変えて2パターンでテスト
  • テストA:15cm幅の10回往復を、10秒間で行う
  • テストB:15cm幅の10回往復を、5秒間で行う

 

 

 

コンパクトシールド代表、スミハット SAX2Sを振ってみた

当社ではコンパクトシールド面タイプで最も好評な スミハットSAX2CS

作業の必要に応じてシールド面をたまに使う職人さんにとても人気のヘルメットです。

 

シールド面がコンパクトで軽いので、重さがそれほど影響せずにズレにくそうな気はします。

気掛かりなのは、このスミハットSAX2CSの特徴である斜めに取り付けられたシールド。

これは、息のしやすさとシールド面の曇りにくさを狙った構造で、圧迫感も軽減されるため、快適ではあります。

しかし、斜めになっている分、飛行機の尾翼のように揚力が生じてしまうかも知れません。

 

それでは、まずは10秒間、15cmほど頭を10回振ってみます。

結果はいかに?!

 

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 建設用 建築用 保護帽 小さめ コンパクト シールド面 フェイスシールド面 住べテクノプラスチック スミハット SAX2CS-A
「全然ズレてないデスヨ。」

 

何もなかったかのような、たたずまいです。工事用ヘルメットにズレは確認できません。さすがスミハットSAX2CS!

 

では、テストB(15cm幅の10回往復を、5秒間で行う)はどうでしょうか。

シールド面のない軽神ヘルメットでもズレましたから、多少のズレは覚悟しないといけないかも知れません。

 

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 建設用 建築用 保護帽 コンパクト シールド面
「Oh…目が無防備になってしまいマシタ…」

 

元の位置から5cm、上にズレてしまいました。

揺すっている時の空気抵抗が、軽神ヘルメットの時よりだいぶ感じられましたので、

あまりに激しい動きの場合、空気を取り込んでしまうようです。

強風が吹いている時などは、注意したほうが良いでしょう。

 

実験結果 スミハット SAX2CS
テストA:10秒間に15cmを10回 変化無し
テストB:5秒間に15cmを10回 元の位置から5cmズレ

 

 

 

ヘルメット 安全 作業用 工事用 建築用 建設用 保護帽 コンパクト 小さめ 小さい シールド面 フェイスシールド スミハット 住ベテクノプラスチック SAX2シリーズ バナー
※画像クリックで移動します。

 

 

 

大型シールドのエース、スミハットKKC3Sを振ってみた

ガンダムのような前方に向いた左右の空気孔などで、ビジュアル的にも大変好評のスミハットKKC3S

広く安全性抜群なそのシールドには、両面ハードコート処理が施されており傷つきにくく、タフさにも定評があります。

 

今回の実験も、ビジュアルを崩すことなく、そのタフさで乗り切ってくれるでしょうか?

それでは、まずは15cm幅を10往復、10秒間で振ってみます!

 

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 建設用 建築用 保護帽 大型シールド面 フェイスシールド面 住べテクノプラスチック スミハット KKC3S-B

 

 

工事用ヘルメットにズレは確認できません。さすがスミハットKKS3S、安定感があります。

 

では、テストB(15cm幅の10回往復を、5秒間で行う)はどうでしょうか。

コンパクトシールド面付きのスミハットSAX2CSよりもシールドが広い点は不利でしょう。

しかし、シールドが顔を覆うように弧を描いているため、空気抵抗は少なそうです。

 

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 建設用 建築用 保護帽 大型シールド面 フェイスシールド面 住べテクノプラスチック スミハット KKC3S-B
「チョットだけ、ズレた気がシマス。」

 

倍の速さで振ってもなんと!ズレはわずか2cmだけでした!

こちらのスミハットKKS3Sの内部構造とヘッドバンドは、先ほどのスミハットSAX2CSと共通なんです。

つまり、振った時の空気抵抗が勝敗を分けた要因であり、スミハットKKS3Sは風に強い、と言えるでしょう。

 

実験結果 スミハットKKC3S-B
テストA:10秒間に15cmを10回 変化無し
テストB:5秒間に15cmを10回 元の位置から2cmズレ

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 保護帽 大型シールド面 大型フェイスシールド 住ベテクノ スミハット プラスチック KKC3S バナー
※画像クリックで移動します。

 

 

 

次回予告

 

コンパクトシールド対大型シールド、いかがでしたでしょうか。

今回は2点ともスミハットでしたが、次回はDICが登場します。そして次回がこのシリーズの最終回です!

どうぞお楽しみに!

 


弊社では、【作業用・工事用・現場用・高所用・建築用・建設用・安全ヘルメット(保護帽)】に関する名入れ加工各種を承っております。

工事現場の作業用ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都(足立区・北区・葛飾区・台東区・23区内外)埼玉県(草加市・川口市・八潮市など)千葉県(松戸市・市川市など)はもちろん日本全国へ発送!

東京都足立区から工事現場作業用ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナーヘルメット 名入れ 加工 工事 作業 保護帽 印刷 プリント ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー