どれが一番ズレに強い工事用ヘルメットか試してみる(その2)

今回の記事は、前回の続きです。

 

通常の工事用ヘルメットよりもズレやすいとされているシールド面付きヘルメット3点に、

工事用ヘルメット随一の軽さを誇る軽神ヘルメットを加えた、計4点のヘルメットを用意。

どの工事用ヘルメットが一番ズレにくいのか、マネキンヘッドに装着しテストしました。

 

 

軽神ヘルメットを10秒間振ってみる(15cmを10回)

 

トップバッターは、ヤフーショッピング ヘルメットランキングでも1位を獲得した「DIC 軽神ヘルメット」

お客様による商品レビューでも「軽くて疲れにくい」と高評価を得てますが、ズレについてはどうでしょうか?

ズレやすい工事用ヘルメットを被ると、ズレないように頭や首が微調整しようとしてストレスがかかり疲れますよね。

しかし軽神ヘルメットは疲れにくいという定評がありますので、、、ズレにも強いのではと期待が持てます。

 

それでは、まずは10秒間、15cmほど頭を10回振ってみます。

 

「ガンガンに振ってマ~~~~~~~~~~ス!!!!」

 

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

これだけ強く振っても、変化はありませんでした。さすがはDICの軽神ヘルメットです!

 

「変化ナシ、問題なく被れてマス」

 

 

 

倍のスピードで振ってみる(5秒間で15cmを10回)

 

どこまで振ればズレるのでしょう・・・ということで、今度は倍のスピードで振ってみます。

 

◆ ◆ 結 果 ◆ ◆

おでこが広く見えてしまう程度にはズレました。

 

ヘルメット 安全 工事用 作業用 建設用 建築用 保護帽 最軽量 軽い 軽神
「フゥ~。さすがに少しズレマシタ…」

 

前後に15cm揺する 実験結果
テストA:10秒間に10往復 変化無し
テストB: 5秒間に10往復 元の位置から3cmズレ

 

 

軽神ヘルメットの場合、軽量化の追求によりヘッドバンドが15mm幅と細く、後頭部を支えるという点では他商品より不利かも知れません。

また、ヘッドバンドの位置が固定されているため、きつく締めても ”完全にフィットさせる”のは難しいように感じました。

とはいえ、人が装着した場合のフィット感はしっかり頭部に馴染む感じがあり、問題ありません。

 

軽量化されたスリムなヘッドバンド
ヘッドバンドのちょっとした隙間

 

 

残り3つの工事用ヘルメットも激しく揺すり、ズレるかどうか試してみます。

次回もお楽しみに!

 

 


弊社では、【作業用・工事用・現場用・高所用・建築用・建設用・安全ヘルメット(保護帽)】に関する名入れ加工各種を承っております。

工事現場の作業用ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都(足立区・北区・葛飾区・台東区・23区内外)埼玉県(草加市・川口市・八潮市など)千葉県(松戸市・市川市など)はもちろん日本全国へ発送!

東京都足立区から工事現場作業用ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナーヘルメット 名入れ 加工 工事 作業 保護帽 印刷 プリント ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー