安全ヘルメットのお手入れには要注意! ~保護性能を下げないために~

毎日安全ヘルメットをかぶって仕事をしているのだから、汚れてしまうのは仕方のないこと。

とは言え、清潔に保ちたいですよね。

最近では消臭スプレーも進化しているので、シュシュッと消臭している方も多いかと思います。

今回は、安全ヘルメットに付着した汚れの正しい落とし方と注意点をご紹介致します!

安全ヘルメット 作業用ヘルメット 保護帽

 

 

安全ヘルメットの正しい汚れの落とし方

安全ヘルメットの汚れには、薄めた中性洗剤を使用しましょう。

薄めた中性洗剤を湿らせた布で汚れた箇所を丁寧に拭き取ってください。

続けて、綺麗な水ですすいだ布で拭き上げて下さいね。

 

安全ヘルメットに有機溶剤は厳禁!

落としにくい汚れで使いがちなベンジンやシンナーなどの有機溶剤系。

安全ヘルメットには厳禁です!

安全ヘルメットの破損・ひび割れ・表面の溶け・シール剥がれなどの原因になります。

また、衝撃吸収ライナー(発泡スチロールなど)の材質を侵して安全性能を低下させます。

絶対におやめください!

 

安全ヘルメットへの塗装やステッカーは要注意!

安全ヘルメット製造メーカー及び、名入れ加工業者が指定する以外の塗料で塗装しないで下さい。

業者指定以外のラベル、ステッカーを貼付けないで下さい。

薬品、粘着材などによって帽体が侵されたり耐電圧性能が低下します。

 

 

安全ヘルメットの着装体(内装)の汚れや傷みがひどくなった時は?

着装体(内装)の交換の目安は1年です。※法的な規定はありません

汗や脂などで滑りやすくなっていると、安全ヘルメットの保護性能を十分に果たせないことがあります。

弊社では着装体(内装)単品購入のご相談も可能です。

気になるお客様は、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

『お問い合わせフォーム』

 

 

あなたとあなたの家族の大切な生活を守ってくれるのは安全ヘルメットです。

大事に使って下さいね。

 

 

安全ヘルメットの交換の目安(耐久年数)についてはこちらをご確認下さい!

 

 

私たちは、あなたの頭を守ります。

名入れ 加工 ロゴ マーク 社名 名前 個人名 安全ヘルメット 作業用ヘルメット 防災ヘルメット 保護帽 ワイドシールド面 コンパクトシールド面 フェイスシールド 透明ひさし クリアバイザー 東京都 足立区 竹の塚 トップ バナー

 


弊社では、【安全ヘルメット・作業用ヘルメット・保護帽】に関する名入れ加工各種(マーク・社名・緑十字・個人名・血液型など)を承っております。

安全ヘルメットや名入れ加工に関するご相談お問い合わせは、

東京都足立区で店舗を構えて創業約45年『ヘルメット通販・作業衣専門店 浜田』までお気軽にどうぞ!

 

東京都足立区から安全ヘルメットの情報を随時発信しております!

 

ヘルメット一覧 ブログ バナー注文 ブログ バナー名入れ ブログ バナーヘルメットブログ ブログ バナー会社概要 ブログ バナーお問い合わせ ブログ バナー